すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

家族が脳腫瘍になった6【放射線と抗がん剤入院】

f:id:kininarusuzu:20201113210735j:plain

なんだかいつも、

話があっちこっちいってごめんなさい。

今回もとっちらかってます。

 

 化学療法

 

化学療法治療がはじまった。

約6週間の入院だ。

 

放射線と抗がん剤の同時進行で、

入院しながら行う。

 

治療名称

右前頭葉(7×8㎝くらい)

の悪性神経膠腫(退形成性星細胞腫)に対する科学療法

テモダールと放射線治療

 

この悪性神経膠腫といわれる脳腫瘍は、

手術のみでは完治できず、

化学療法と放射線治療が必要となる。

 

脳にしみこんでいくタイプの腫瘍で、

境界線がわからない。

どこまで進行しているのか、していないのか。

 

そして脳自体を切除したから、どうしたってとり切れない。

 

運動神経を司っている場所なんかは、できるだけ温存したい。

 

 

抗がん剤のテモダールは、

入院中と退院後も、維持療法として

4週間ごとに5日連続の内服も行っていく。

 

とにかく、

抗がん剤治療は、

予想される効果より、副作用の方がたくさん書かれていた。

 

抗がん剤の副作用は計り知れない。

 

 

 

 

そして、放射線治療。

30回/6週 60グレイ照射

 

照射中の直後の副作用は、

一過性の症状の悪化や

照射開始後3週間頃からの脱毛。

中耳炎や目の渇き、赤みかゆみ。

 

照射したところだけ脱毛するので、

なんだか笑っちゃう髪型になってた。

 

 

想像してみようか。

てっぺんとえりあしだけ、髪が残ってる状態。

 

 

 

髪の毛は、退院後しばらく生えてこなかった。

半年くらいかかって落ち着いたかな。

 

 

それよりも、

照射後6ヶ月以上後におこる、

脳の機能低下。

 

旦那は半年も待たず、しっかり機能低下していった。

 

もともと前頭葉が侵され、

高次脳機能障害な状態だったのが、

手術で右前頭葉をうしなったわけだ。

 

11月頃から1月をピークに低下してた。

 

(1月には左前頭葉にも再発していた。)

 

 

f:id:kininarusuzu:20201108154302j:plain

入院生活2回目

今回は6週間みっちり入院。

4人部屋。

いつも窓際にしてもらっていた。

 

みっちり入院だから、

持ち込む荷物はでっかいスーツケースに詰め込んだ。

 

着替えも、もう前開きのパジャマじゃなくていいので、

普通のTシャツに半パン。

指定の入院グッズと、あとは日用品。

 

ウェットティッシュとかめっちゃ使った。

 

もう自宅みたいな身の回り。

 

 

とにかく体は元気だから、

 

今回の入院こそ、超ひまなわけだ。

 

一応今回は、最初からひま対策として

パソコンやラジオやスマホも持込み。

 

院内wifiが使えたみたい。

 

あと漫画雑誌とか読書くらいか。

 

でも結局、

ずっとテレビ見てることが多かった。

長い延長コードを付けたイヤホンして。

 

 

 

私はフルタイムの正社員をはじめたので、

もうしょっちゅう病院に行くことはできない。

 

そんな時間も余裕も、心も余裕もなかった。

 

 黒すー発動

もともと、ひどいことされて、離婚しようと思ってたくらいだ。

 

たとえそれが、病気のせいだった、としても

そうそう割り切れない。

許すことはできない。

 

やりきれない。

 

そして心底心配なのは、

そのへんの負の症状が悪化するかもしれないってこと。

 

誰にも言えないくらいのことをしでかしてきた。 

 

どんなに想像力を膨らましても、

簡単に想像できないようなこと。

 

子どもも守らなきゃいけないのに、

誰にも言えない。

 

でも、子どもの父親なわけで。

 

縁をきるのはとても難しいことだなと思う。

わたしの親は3回離婚した。

うらやましい。

そーゆー神経になりたい。

 

面倒だし、

母子の生活だけを考えて生きていっていいなら、

あとは覚悟なのかな。

 

私に実家があれば、

とっくに逃げてる。

 

気持ちの休まるときがない。

 

もっと気分よく生きていきたい。

 

ほんとうに許せない。

 

 

今でも想像する。

母子で家をでるために、

まず家探しして。

学校あるから近場で。

 

近場だと、

旦那に見つからないように、

どうすればいーのか。とか。

 

子供のこと考えても、

中学卒業まではここで踏ん張ろう、

って思ってたから。

 

母子で生きていくことはできる。

大変だけど、子どものためなら辛くない。

 

かたや見守りが必要な人間が一人暮らし。

どうなんだ。

近所迷惑だな。

 

旦那の親兄弟は拒絶してくる。

 

面倒みれんと。

 

呆れる。

 

わたしもそのうち耐えられなくなるのかな。

しょっちゅう、

わけのわからんこと言われて、

限界なんだが。

 

 

まぁそんな感じなので、

黒すーさんが度々発動します。

 

 

 

話がすぐそれる。🙇

 

入院先に、

私が行ってもすることないし。

 

 

新しい仕事に慣れるのに精いっぱい。

わたしが一人で家を支えていかなきゃならないのか。

 

うんざりだな。

 

 

わたしは仕事以外の時間は、

できるだけ子どもに時間を使いたい。

 

 

なので、今回は

病人だけどひまひま元気な旦那、

治療以外することない。

 

洗濯物はもう持ち帰らない。

 

病院内のランドリーで旦那が自分でした。

 

ひまひまで、院内を歩き回り運動してたし。

 

今回は療法士さんたちとリハビリもあり、

脳トレと運動も組み込まれていた。

 

 

抗がん剤だけど、

テモダールでの吐き気なんかは

ほとんどなかった。

どうしてだったか。

テモダール自体がそういう反応が少ない薬なのか。

 

吐き気止めとかで、うまくコントロールしてたんだったか。

 

入院中は辛い副作用などはあまりなかった。

 

しいてあげると、便秘くらい。

 

便秘がつらいとかで、

一度一時帰宅をした。

 

それでも便秘はしばらくつづいてた。

 

 

 

f:id:kininarusuzu:20201114101526j:plain

母子生活 

日々の生活は、忙しくてしんどかったけど、

旦那のいない家は、

快適そのものだった!

 

世の中で一番望ましいのが、

あの有名な

「亭主元気で留守がいい。

 

世界中の主婦の心の声。

 

今度生まれ変わったら、

結婚相手は単身赴任希望。

 

 

私と子供は、週末だけのぞきにいったりしてたけど、

後半はそれも少なくなった。

 

子供は夏休みななのだ。

 

父親は入院中。

母親は仕事で朝から暗くなるまで帰らない。

 

そんな夏休み。

 

あ、わたしはね、昼ご飯を作りに毎日家に帰ってた。

10分くらいしか居られなくても、

帰りたかった。

朝はまだ子ども寝てるから。

様子を見たかった。

 

 

仕事が辛かったー。

いろんな仕事してきたけど、

こんな気分の悪くなる職場は生まれてはじめてだ。

 

体もしんどいけど、心が壊れる。

 

会社のこともいずれ書きます。

 

 

はてなは私のはけ口か!

 

 

とにかく、

なんにも頭に入ってこないし、

物忘れもひどい。

赤信号も止まれない。

 

子供のためだけに、

気力で生きていた感じ。

 

今でもそうだけど。

 

うーん、

子どものために生きるなんて間違ってるな。

子どもがいたから生かされてる。

 

子どもがいなかったら、

毎日ちゃんとご飯つくったりしなかっただろうし。

 

 

2回目の入院生活はこんな感じ。

 

当時の手帳を見ても、ほとんど何にも書かれていない。

 

わたしの頭はうまくまわってなかった。

 

もっと若かったらまだしも、

更年期障害かかえて笑顔のかーさんができなかった。

 

 

癌患者さんやその家族向けのサロンがあるんだけど、

誰が通ってるの?

平日4時で終わっちゃうけど。

 

ぜったい行けないじゃん。

 

市役所の相談窓口もな。

 

手続き止まってた。

 

 ↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

 

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村