すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護とブラック勤務改め求職中が同時の主婦の生きるヒント

家族が脳腫瘍になった8【高次脳機能障害】

 

f:id:kininarusuzu:20201117142218j:plain

 

みなさん
高次脳機能障害って知ってますか?

 

脳は宇宙だ。

 

 

なんて

壮大な感じではじめてみる。

 

ちなみにわたしは、どうやら更年期障害中だ。

漢方がよく効いて、

ホットフラッシュが完全に止まって嬉しい。

 

女が喜ぶ、と書いて、嬉しい(⌒∇⌒)

 

更年期のこともいずれ。

 

 

わたしさ、

「子育てと介護とブラック勤務が同時の更年期主婦」

なんだけど、

今は、コロナのおかげ様で

自宅待機が増えてて。

 

時間ができたわけ!

 

だからこんなにブログ書きまくれる。

 

まるで遺言のように、

いつ忙しくなって書けなくなるともしれないブログ。

 

腰痛と闘いながら書いてます!

 

自宅待機が多くなったこの夏、

わたしの心と体はとても元気になりました(⌒∇⌒)

 

そして、まもなく年末・・・

自宅待機延長・・・ 

 

わたし仕事なくなるんじゃね?!

 

 

そして、そう、宇宙。

(また仕事探しか・・・( ノД`)

 

 

さて、高次脳機能障害のことを今日は書こうかなと。

 

奥が深すぎて今日だけでは無理。

 

でも次の段階へ行くには、軽く説明しておかないとね。 

 

まず、

「高次脳機能」とは、

 

人間ならではの、高度な脳の働きのこと。

 

たとえば、いろんなことに注意を払ったり、

 

記憶・思考・判断をおこなったりする高度な機能。

 

これらの機能に、なんらかの障害をきたすこと。

事故や病気で脳を損傷したり、

様々な要因で、

障害をきたすのが高次脳機能障害。

 

脳が何かの原因で損傷して、

うまく電気信号が送れなくなった感じ?

 

というのが、私の色々調べたなかから理解したこと。

 

ざっくりだ。

ざっくりはこんなかんじだ。

 

うん。

 

とても難しいんですよ。

説明するのが、とにかくムズイ。

 

本とか読んでも、難しいことばかり。

 

いろいろはっきりしない。

医師も福祉の人も、もやっとしたことを言う。

 

最近ようやく障害として認めてもらえるようになったような。

 

わたしは初耳だったもん。

 

脳外の担当医も、 

よくわかんないんだよねーとか言う。

いつ、どんな症状がでるかわかんないし、

でないかもしれないし。

 

脳腫瘍も神経膠腫(グリオーマ)で希少ガン。

 

わかんないことだらけだ。

 

 

精神の方の医師は、

あーそんな感じね。

ダイジョブダイジョブ。

 

みたいな。

 

奥さん大変だったら、

休息入院ってものあるから。

って。

 

家族の休息のために、

旦那を入院させてもらえるそうな。

 

ただし、閉鎖病棟だから本人嫌がる。

 

そんくらい大変。

 

 

何が大変って、こっちの精神がもたんやつ。

 

前回のシリーズ7で書いたように、

会社の人達はわけわからんくて、もたんかったわけ。

 

なんでみんなの迷惑になることをして、平気でいられるのか?

もっともらしい言い訳をするし。

やる気があるのかないのか?

どうなってるんだ?

ってさ。

 

ザ・面倒みきれん

 

 

パッと見ではわからない。

障害があることに、

本人も周囲も気づくまでに

時間がかかりがち。

 

うちは、

職場復帰後、3ヶ月頃からじわじわ発覚。

放射線治療の影響が大きいころ。

 

 

現れる障害は、

その原因や脳の場所なんかで違う。

 

だいたいこの4つ。↓

(わたしの当時、医師から聞いたこと手帳より)

 

もちろんこれだけでは収まらないくらい、

様々なことがもっとあるはず。

 

1.記憶障害

約束が守れない、忘れる、内容を誤って覚えたりする、徘徊など

 

↓ここから下が前頭葉関係

2.注意障害

ぼーっとする、火の消し忘れなんかもこれ

 

3.遂行機能障害

段どりが悪くなる、考えられない、やる気がなくなる、融通が利かないなど 

 

4.社会的行動障害

行動や感情をコントロールできなくなる、衝動的な行動をとるなど 

 

うちの旦那は全てあてはまった。

 

 

脳外の担当医は、

衝動的に何かしてしまうかも、と言っていた。

お金を払わずに品物を持ってきちゃうとか。

 

万引きを繰り返す人もいたそうな。

 

困るやん!

でもわたし一人で、24時間監視してられない。

 

どうしたらいいのか?

 

先生は「うーん。」と悩むだけ。

医師にできる治療は、全部してくれた。

 

あとは、何かあってから対処するしかない。

 

犯罪になるやんか・・・

でも何かあってからしか動けない。

 

病巣が広がると、次は失語らしい。

いずれ半身麻痺などがでてくるとか。

 

右前頭葉

うちの旦那の場合、

損傷は右前頭葉の神経膠腫。

 

「右前頭葉はね、

 最悪無くても生きていけるらしいんだよ」

 

って、最初に先生が言っていた。

 

ただ生きていける。

ご飯も自分で食べれるし、着替えもできる。

 

運動神経、視神経、はまだ侵されていない。

 

うちの旦那は左利きだから、また少し違いそうだが。

左利きは、脳が右利きだ。

影響があるのかないのか。

 

なんだか、

生きていけるってのは 

 

そこに人間らしさが欠けるのか。

 

ただ、正常な脳が機能を補ってくれるようになるらしい。 

 

そのうちね。

  

 

とにかく、

「前頭葉」って感情や理性をコントロールしたりするところ。

人間らしさそのもの。

 

人間らしい行動をとれるのは、

他の動物と比べて前頭葉が発達してるからなんですよ。

 

 

人間らしさって。

 

とっても高度なしくみで。

 

人間の脳はとってもすごいんだ。

 

 

今までそんなこと考えた事もなかった。

 

人を思いやることだったりね。

 

段どりよく物事をすすめたり。

 

理性で欲求を抑えたりすること。

 

 

それらを駆使できない人と、

今まで通り仲良くできるわけがない。

 

あきらかに、別人。

顔つきも変わった。

 

こんな自分勝手ないじわるな人とは、

結婚してない。

 

夫婦仲

まぁ、

子どもが生まれてからは、子ども優先で、

そこらのご家庭と同じく、

旦那に愛情はとっくになかったた。

 

嫌いじゃないけど好きでもない。

 

いつまでも仲良し夫婦っているらしいけど、ほんと?

 

すごくうらやましい。

 

わたしも好きな人と結婚すればよかった!

 

別に、そこにいる。

くらいの感じ。

 

いわゆる子どものお父さんだ。

 

 

でも、

たぶん5年くらい前から、おかしかった気がする。

そのころから、「嫌い」って感じてた。

 

嘘ばかり言う。

むかつく!

 

と、よく思っていた。

 

そのころから、会話もなくなった。

 

だって話すとイラっとすること言うんだよ。

気分悪いじゃん。

わけのわからん嘘って。

気分よく暮らしたいのに。

 

極端な嘘をついて、

本人は知らぬ存ぜぬ。

 

でも旦那にとっては、

わたしが、嘘をついている、

間違ったことを言っている、

作り話するな、

 

となる。

💢

 

例えばね、

 風邪薬全部飲んだの?事件

 

薬箱のなかの36錠入り風邪薬の箱がなくなる。

 

まだ半分以上残ってたはず。

 

それが、旦那の部屋からでてくる。

 

しかも空っぽ。

 

私「どーして全部飲んじゃうの?!風邪?」

 

旦那「知らない!その箱がなんでここにあるかも知らん!

   そんなもの飲んだことない!何言ってんだ!」

 

と怒りだす。

 

はーーー?!

 

自分の部屋から空っぽの薬箱がでてきて、しらを切る?!!

 

わたしが嘘をついてると言う?!

 

話にならん!💢

 

 

とか、

 

ピンクのカミソリ事件

かわいい、ピンク色の女子用のカミソリ、

あるじゃないですか。

 

↑こんなの(この貼付け機能便利!)

新品のパッケージのまま洗面所にしまってあった。

 

それが、いざ使おうとしたら無い!

 

てか、パッケージごと無い!

 

えー?!たしかまだ新品があったはず。

 

思い違いか?

 

いや新しいやつ買ったばっかやし。

 

 まさか、と娘に聞いても知らんと。

 

そうね。まだ小学生だしね。

 

 

そしてまさかの、旦那の部屋で空のパッケージ発見!

 

はーーー!?なんで!?

 

私「なんでこれ使うの?!自分の使いなよ!」

 

旦那「そんなの知らん!見たもない!使ったこともない!

   またそうやって、いつも僕のせいにして!」

となる。

💢

 

じゃあ、どうして空のパッケージがあなたの部屋から?

 

自分じゃない、誰が部屋に置いたかなんて知らん!とな。

 

 

私としては、もう何言ってんのこいつ?💢

 

はーー!もう話にならん!

 

もうしゃべらん!

 

ってなるじゃない?

 

 

こんなことが日々起こる。

 

 

どんどんひどくなって、

もっと信じられないようなことを

次々としでかした。

 

もう、子供を連れて逃げなきゃ!

と準備しはじめていた。

 

 

たちの悪い、

気持ちの悪い嘘つき。

こだわりが強くなって、すぐキレる。

 

 

それらが、

すべて脳腫瘍のせいだったわけか?

 

わたしだけ、わけのわからん話に振り回されとったのか?

 

いったいいつから腫瘍があったのか?

 

 

 

そして、年を明けて1月。

いろんな悪化がピークを迎える。

 

 

※高次脳のことは、また追記するかも。

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村