すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護とブラック勤務改め求職中が同時の主婦の生きるヒント

家族が脳腫瘍になった11【退職~職安(障害者枠)失業給付】

f:id:kininarusuzu:20201118211539p:plain

あいかわらず、

話が前後したりして迷子になりがちですが、

前後左右気にせず、

気になった項目から見ていただければ、

と思う次第でございます(^^;

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

この夏、コロナの影響で

わたしの仕事が自宅待機となることが増えた。

 

嫌で嫌で仕方なかった職場。

日に日に老けていく、心と体。

 

一年は頑張ろう。

一年がんばると、いつもならいーことあるから。

 

そして

ちょうど一年後の2020年夏。

 

コロナの影響で、会社が傾き、

社員のほどんどが自宅待機に。

 

ほら、やっぱり

一年我慢したら、いーことあった。

(いや、良くないんだけどさ・・・助かった感はんぱない)

 

疾病神様のおかげではありますが、

わたしは元気になりましたm(_ _)m

 

想像の上をいく奇跡の休暇。

 

 

時間ができたわたしは、

これまでほったらかしにしていた

あらゆることに動き出した。

 

ここぞとばかりにね!

 

病院にも何度も行けた。

 

申請せずにほったらかしにしていた、

子育て支援課からいただいていた

申請書にやっと取りかかる。

 

一年放置していて、役所の人もあきれる。

 

でも、いまのあたし、

市役所にもさくさく行けちゃう!

 

児童扶養手当的な申請ができた。

 

早い早い!(⌒∇⌒)

 

 

旦那は、

1月に再発して、状態が悪かったが、

夏には、脳のむくみがとれて、

意識もはっきりしてきてみるみる元気になっていた。

 

どうやら放射線壊死の影響が一番大きかったようだ。

 

腫瘍がなくなったわけではないが、

一番ひどい状態は抜け出せた。

 

再発の500円玉くらいの影も残ってる。

 

また少し前の状態に戻った感じ。

 

高次能で見守りは必要だが、

体は元気だ。

 

しりあいには、

「だいぶ落ち着いてきたのでまた働けそうです。」

と告げたが、

休職が続いた。

 

見守りが必要な状態であることに、

問題があるよーだ。

 

最初から、見守りは必要だって言った・・・

もういーや。

 

 

このころはたいていのことを、

もういーや、

どーでもいーわ、

どうにでもなれー、

でしのいでいた。

 

 

休職中、

リハビリテーションにたくさん通った。

 

高次能の検査も兼ねた、脳トレみたいなことをしていた。

 

1ヶ月ほど通った。

 

リハビリや病院以外は、

デイケアに通っていた。

 

 10月で、発症から1年半がたつ。

 

そう、

障害年金の認定日だ。

 

それまでに、申請のための準備をはじめた。

 

 

県内にある、

高次脳機能障害専門の支援センターには、

電話やメールでなんどか話をきいてもらっていた。

 

近くないので、通うことはできなかったが、

専門なだけあって、

とても頼りになった。

 

そして、障害年金を申請するにあたり、

専門の社労士さんを紹介していただいた。

 

 

障害年金の申請は、

本来、社労士さんに頼まなくてもできなくはない。

 

でも高次脳機能障害は難しいのだ。

 

普通の社労士さんでも、難しいそうだ。

 

うちは生活がぎりぎりで、

頼るところもないので、

確実に2級をとりにいかなくてはならない!

 

今後、症状が悪化して自宅で見れなくなったとき、

施設やグループホームに入れる必要が出たとき、

それらを利用するのに、

大学行くくらいのお金が必要になる。

と聞いた。

うそかほんとか。

 

老人ホームに入る時そのくらい必要だろうから、

ほんとうか。

 

支援センターの人が言っていたから、

ほんとう?

 

うちは、

障害者専門の社労士さんにお願いすることができた。

 

もちろん有償だ。

成功報酬制で、

認定おりたらいただける月額の3ヶ月分なり。

 

書類を集めるのは私がしたが、

 

それ以外は丸投げできた。

年金事務所とのやりとりも、

今後は社労士さんがやってくれる。

 

サイコーだ!

 

これで認定がおりる確率が上がる。

はずだ。

 

これも結果が出るのは来年だ。

 

退職

とか、そーこーしていたら、

突然、知り合いの会社から

今月いっぱいで休職期間満了の退職で。

というか締め日で解雇。

という退職。

 

旦那、仕事先失いました。

 

締め日は一週間後。

そんな急な話っていまどきある?

 

でも休職期間を延長してもらってたわけか。

 

何も言わずそのまま受け入れるのみ。

 

子どもは私の扶養に入れてあるから、

保険も変わりなし。

 

旦那だけ国保へ切り替える。

 

 

しかたない。

 

はい、次。

 

職安へ

社労士さんへ相談したら、

離職票をもらって、職安へGO!

とのこと。

 

これからは、

障害者枠の仕事を訓練しながら探す。

 

その間を傷病手当金にかわって、

失業給付金でまかなうことになる。

 

だいたい、金額的にも同じくらいだと思う。

 

☆障害者等の就職困難者 枠で

 被保険者であった期間が1年以上

 45歳以上65歳未満 360日!

 45歳未満でも 300日

  1年未満だと、どちらも150日

 

うちは今45歳!

360日分いただけることに。

 

すごい!

まじか!

一年は食いつなげる。

(わたしの収入込みでね)

 

 

傷病手当の申請では、

お仕事は見守りがないと不可能なため、

一般企業でのお仕事は無理です。

でいただいていた。

 

今度は、

はじめて障害者枠で探す。

 

環境と配慮がととのえば働けます、

とういう方向で申請するのだ。

そのための、職業訓練となる所へ

通います。と。

 

いろんな方法があるのね。

 

 

色んな方法を駆使しながら、

食いつないでいく我が家。

 

ぎりぎりのところで、失業保険へスライドできた。

 

そうか、

雇用保険払ってたから、

退職したら、

失業給付金の申請にいくのだ。

 

職安なんて何十年ぶり?

 

私も一度だけ、一瞬もらったことあったな。

 

定期的にパソコン見に行ってたようなきがする。

 

 

職安にいったら、

受付から障害者向け受付へ回され、状況説明。

 

それから、

給付金申請手続きの説明に回され。

 

とっても密な環境で、嫌だったな。

 

職安はいつの時代も人がいっぱいだ。

 

あとは、また担当医の診断書待ちだ。

 

脳外科の先生なのに、

診断書ばかり書いてたら、困るだろうな。

 

申し訳ないが、先生が頼りなんです!

 

でもこれも仕事よね?

 

 

 診断書が立て込んでたので、

(先生ごめんなさいm(__)m)

一か月ほど待った。

 

先日、診断書とともに必要書類をそろえて提出に。

 

 

休職期間満了の退職で、自己都合だが、

 

やむおえない事情の退職、ということで

会社都合と同じように、

すぐに給付金がいただけることになっていた。

 

障害者手帳役立ってるぅ!

 

そして、新しい居場所のお話へ続きます。

(ようやく、現在に追いついてきましたヾ(≧▽≦)ノ)

 

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村