すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

ふりまわされない【境界線】

 

 

f:id:kininarusuzu:20201122120328j:plain

 

私を助けてくれるもの。

いろいろ。

自分で自分を助ける。

  

はてなブログもそう。

 日々のすき間時間に、

スマホにぽつぽつ下書きで吐き出していく。

黒すーも。

 

 

上がったり下がったり。

 

旦那の上がったり下がったりに、

 

完全に振り回されていました。

 

非常食は非常時に

旦那は、日々

死ぬ死ぬ言ってみたり

やる気をだしてみたり

怒ったり

ずるしたり

掃除しだしたり

完全引き込もりしたり

 

我慢もできない。

家にある食べ物をたべる。

 

あたりまえなんですが。

 

こんなご時世なので、

うちにも防災用の非常食として

いろいろ置いてあるんですよ。

 

それを食べられる。

 

水も。

 

うちは年中麦茶を作っている。

子どもも飲むし。

冬でも麦茶。

 

でもそれを飲まなくなった。

 

麦茶があるから飲んでくれ!

って言っても、

 

「僕なんか水道水でいいんでしょ。」

とな。

 

別にいーけど、

よくないわ!

 

 

非常食・非常用の水やお菓子なんかを食べるくらいなら、

麦茶飲んでくれや!

 

顔つきが変わって、ただでさえ怖いから、

だんだん話しかけられなくなる。

 

最近は凹みっぱなしで、ぼーっとする。

 

自分の人生

朝のウォーキングでは、

ストレス解消のために頭を空っぽにしたいのに、

 

脳内パンパン。

考え事が次から次へと湧いて出る。

 

こうなっちゃうと、全然人生楽しめなくなる。

 

知ってる。

わかってるのに。

 

作り話って言う。

自分じゃなく、

わたしが嘘をついてると。

わたしが作り話をしてると

思ってる。

また作り話をしてる、と私を責める。

  

都合のいい作り話をしてるのは向こう。

 

作り話どころか、

そんなこと知らない

わけだ。

 

知らないから、

わたしが作り話をしてるとなる。

 

わたしからすれば、また嘘ついとる。

 

大切なもの、

勝手に売りにだしてても、

知らない

なにいってんの?っていう。

 

そんなことするわけない

とか言ってくる。

 

だから

やってられない。

 

腹立てるのも嫌だから、

考えたくもない。

言い返してもらちがあかない。

 

 

そう思ってる、そう信じてる人と

どうやって会話する?

もうまともに話ができない。

 

こうやって、書いてても

自分でもわけがわからなくなって・・・

 

ふりまわされてるでしょう。

 

自分の人生を生きれてない。

 

失望や挫折や失敗こそは、

成長できる唯一のことなんだけど。

 

自分をなくしてると、何にも見なくなって辛い。

 

自分を守るために、

いろんな助けになることがある。

 

わたしは、本と音楽が多い。

 

歌を聴いて泣きまくるとか。

若いころからよくやったわー。

 

ドリカムとかでいい涙をながしたさー(´ω`*)

最近だと

一万回だめでも、一万一回目は、くる。って

 

前を向いて しがみついて 胸かきむしって あきらめないで 叫べ って

 

テンション上がってくる!

ありがとうみわちゃん!

 

そして、わたし高校生のとき本屋でバイトで活字漬だった、

活字大好き人間。(焼肉も好き)

著者は女性で谷地森久美子さん。人気心理カウンセラーです。

 

この本はいろんな心理学なんかの、

いいとこどりです。

一冊でお得。

かんたんで優しい言い回しと、

実際の患者さんとのやりとりで、とってもわかりやすい

とおもいます。

 

人間関係のこと。

子どものこと。

 

自分に置き換えて考えるだけで、

泣けてきちゃったり。

 

目標が「わがままな自分になること」。

 

身勝手なわがままではなくて、

他人に簡単に影響されない、

まわりにふりまわされない、

ありのままの自分でいること。

 

これを先生は「わがままな自分」といいます。

 

境界線を上手に引いて、

アドラーが言ってたように、

それぞれが自分の課題を乗り越えていく。

 

理想ですな。

 

アドラーが全部しっくりくるわけでは

ないのですが、

最近、友達の誘いでアドラー講座も習い始めたので。

 

勉強中です。

 

家族が~シリーズが現在に追いついて、

日々のことが書けるようになったので、

 

重めのシリーズの間で、

こういった日々の救いや楽しみ方を

書いていきたいです。

 

わたし、今回は本に助けられてます。

 

あmazonのkindleもよく使うので、

いつでもどこでも読めて、

 

いい時代よね~(⌒∇⌒)

 

この本は紙のやつ。

ピンときてポチったです。

何度も見返します。

 

見返すと、また新しい答えが書いてある。

 

小難しくないから、気楽に読めます。

 

 

支える人が燃え尽きないために

とか、

中年からの逆境の乗り越えかた

とか、

共依存

とか、

気になる項目だらけです。

 

一番やりやすかったのは、

「安心できる場所の確保」

心の中で思い浮かべます。

 

何か問題がおきたとき、

いったん自分を安心できる場所において、

遠くから眺めてみる。

 

 

さあ、やってみましょう。

 

目を閉じて、

あなたの一番安心できる場所はどんなところ?

 

あなたはどんな様子?

そこにいあるあなたとその問題はどんな感じ?

 

 

問題と自分を切り離して、

境界線をひいて、

冷静になって眺めてみる。

 

客観的に考えられると、気づきやすい。

 

うーん、説明へたよね。

 

ちなみに私の安心できる場所は、沖縄の海の中。

ざぶーん。

 

 

わたしも以前ね、

メンタル心理カウンセラーの勉強をしました。

勉強だけですね。

カウンセリングだけを本格的にしたことないです。

 

整体師だったので、

患者さんとのおしゃべりで

少しでも助けになればなと思ってました。

 

自分のこととなると、

見えなくなっちゃいます。

 

 

ただ、おしゃべり大好きなだけですね^^

 

 

ほら、

女子ってしゃべらないと死ぬでしょ!

 

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村