すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

アドラー講座 続き 嗅覚反応分析【香りの診断】

f:id:kininarusuzu:20201129184335j:plain

出会ったよ

先日の、アドラー講座で紹介できなかった、

嗅覚反応分析について。

愛知県・一宮市 嗅覚反応分析で心と体のバランスを整えるMihalab.のブログ (ameblo.jp)

こちらの先生。 

 

ほんとに最近出会ったばかり。

思春期親子の居場所的なイベントで

出会いました。

 

今まで見たことも聞いたこともなかったです。

 

名称変更されているそうで、

(たぶん大人の事情)

以前の名前だと聞いたことあるのかもしれませんが。

 

ないと思います^^;

 

わたしはもともとアロマ好きなので、

最初から興味深々!

すぐやってもらいました。

 

香りって、

鼻の中の粘膜からも吸収して、

取り入れて効果もいろいろ。

 

だから常にいい香りに包まれていたいですわ。

 

アロマ

15年くらい前に

アロマセラピーアドバイザーまで取らされて、

それ以来しっかり勉強はしてません。

 

当時はめっちゃ流行ってたんですよね。

あちこちにお店もあったし、

スクール生もたくさんいました。

 

でもだんだん、

精油は、貴重で高価だし、環境に優しくない

と、私の周りでは言われるようになり

だんだん離れていきました。

 

数g作るために、数10㎏もの花や葉を使うんよね。

 

でも日常生活ではずっと取り入れてる。

今でも、

虫よけにゼラニウムやハッカ、

除菌抗菌でティーツリーやユーカリ

とかね。

 

ミントよりハッカが好き!

 

嗅覚反応分析

先日のアドラー講座に取り入れられていた。

嗅覚反応分析(特許取得済)

日本人の方が開発したものです。

 

嗅覚による

反応で

分析する

のでしょう(*‘∀‘)

 

何度説明を聞いても、

もやっとしか頭に入りません。

ごめんなさい。

ここに書いているうちに、

きっと腑に落ちるに違いない!^^

 

流れ

アロマ(精油)を使います。

精油の好き嫌いで、

体調がグラフ化されます。

その分析結果から、食事や行動を選択します。

セルフケアができます。

 

  

まず、体質チェック

8本の香りを、好きな順に並べるだけで、

その時の状態がグラフ化されます。

 

理想は真四角なグラフ。

結果を真四角になるように、整えていきます。

 

そのグラフの結果から、

自分の状態を整えるために、

今の状態の自分に合っている

アロマ、食事、運動、行動などがわかります。

 

例えば、

今日は、野菜や水分をよくとって、

ストレッチや散歩をゆっくりして、

アロマはレモングラスやペパーミントがいいわね、

そのアロマを使って、半身浴がおすすめ!

 

といった今日のおすすめ行動パターンが決まります。

 

どう?

こんな感じ。

 

それは日々変化しているので、

その日その日で、

選択する行動も変わることになりますね。

  

奥が深すぎて、説明できません。

出直してきます(`・ω・´)キリッ

 

とういうわけで、

えーー

 

先生より!

「五感の中で唯一、

 本能の部分(大脳辺縁系)に

 ダイレクトに繋がっているという

 嗅覚を使った体質分析法。」

 

「好きな香りは、

 本能から求めている。

 嫌いな香りは、

 本能から求めていない、という合図。」

 

「そこに精油の薬理作用を絡めて読み解いていく」

 

簡単に言うと以上とのこと。

 

ふむふむ。

 

精油にいろんな効果があるのは、

理解している。

 

とにかく分析結果が

アドラー講座の前と後で大きく変わってた!

ぐっと四角に近づいてました。

「整う」といいます。

 

すごくないですか?

ってことはですよー、、、

 

アドラーワーク心編が、

心身を整えることにも効果あった!

ってことですよね。

 

また新しい世界に踏み込んでしまいました。

 

2時間弱のワークをしただけなのに、

香り方が全然違った。

 

ざっくり真逆になるくらい、

整っていたので、

効果あるわ~

と実感。

 

気になる方は要チェックや!

先生のブログ ↓

愛知県・一宮市 嗅覚反応分析で心と体のバランスを整えるMihalab.のブログ (ameblo.jp)

 

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

↓ポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村