すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

寝てる間に視力が上がる【オルソケラトロジー】

 

f:id:kininarusuzu:20201128211742j:plain

子どもの視力のことです。

 

小三の時、

急に視力がガタッと落ちた。

 

今までAだったのがいきなりCだ。

 

学校での視力検査にひっかかり、眼科へ。

 

それから2週に1回ペースで通院でした。

 

先生には、外遊びをふやすこと

をすすめられた。

 

外では遠くも近くも見るので、目によいのです。

 

近くの物を見続けると、近視がすすむとのこと。 

 

 

眼科通院では、通電とワックで

視力低下を遅らせる方法を試みていた。

 

どちらも初期近視には効果があるとされていた。

 

それでも、5年生まで続けましたが、

とうとう0.1~0.3のあたりまで視力低下。

 

とにかく、ゲームや通信機器を

長時間、近くで見つづけてる弊害ですね。

 

わかってますとも。

 

ごめんなさい。

もう目が良くなる気がしない!

 

 

いつも通っている、その眼科には

夕方の学校帰りの時間帯は、

同じく通電とワックで通っている小学生だらけ。

 

今の小学生は近視が多いわけです。

 

眼科の待合室で、宿題をする小学生たち。 

 

通電手帳を持ちポイントあつめ、

たくさん通うと、ガチャがひけたりして

子ども達に人気の眼科だ!

 

クリスマス時期には、

待合室に大きなツリーを飾り、

たくさんのお菓子がぶら下がっている。

 

治療を終えると、1つもらえるシステム。

 

そして、ポイントが全部たまると、

(だいたい年に1回くらい)

図書券をくれる。

 

なんと千円分の図書券だ!

 

そんなこんなで、うまいこと通わされ続けた。

 

 

そしてとうとう次の段階へすすむことに。

 

それが、

夜つけるコンタクトレンズ。

 

オルソケラトロジーといいます。

 

 

オルソケラトロジーとは

特殊な形のコンタクトレンズをつけて、

角膜の形を変えて、

視力を改善させる

近視矯正方法のこと。

 

近視を治すのではなく、

一時的に矯正して

日中は裸眼で過ごせるようになるものです。

 

一人一人の眼に合わせて選択した、

特殊なかたちのハードコンタクトレンズを

 

寝ている間にだけつけます。

 

朝、レンズを外せは

もうその日一日裸眼で過ごせます。

 

【効果】うちの子は0.1→1.5!

もう日中はずっと裸眼で視力1.5です!

0.1が1.5ですよ!

 

もうメガネなしで過ごしてます。

 

うちは2日は裸眼で過ごせる程度、

維持できます。

 

なので、修学旅行の時も

2日目もちゃんとメガネなしで

過ごせました。

 

メガネなしでほんと助かった。

 

オルソで視力改善のしくみ

つける前(近視の状態)

・ピントが合わずにぼやけて見えます。

 

つけている間(寝ているとき)

・オルソ用レンズで角膜を平たくすると、

網膜上で焦点をむすぶようになり、ピントが合う。

 

はずした後

・平たくなった角膜は、

レンズを外した後もしばらくは形が残っていて、

起きている間、裸眼で過ごせる視力に。

 

※個人差あり。

 

この矯正は、中止すれば、

2週間ほどで元の角膜形状に戻ります。

 

どんな人に向いているのか?

・軽度~中程度の近視の方

 

・激しい動きが必要なスポーツをしている方

 

・日中、コンタクトレンズやメガネをつけたくない方

 

ですね。

 

そして、角膜のやわらかいうちのほうが

視力が上がりやすいです。

 

そう!

子どもに最適!

 

大人でも使えると思いますが、

通ってる眼科でも、

自分で脱着できる、

小学生の高学年くらいからはじめることを

おすすめしていました。

 

子ども方が視力の改善に効果があるようです。

 

維持できれば、高校生くらいまでは使いたい。

 

もうひとつのメリット

日中、裸眼で過ごせるようになるのが

一番のメリットです。

 

でも、もう一つの決めて。

それは、

オルソケラトロジーを続けている間は、

視力低下の進行を、予防することができる

ということです。

 

完全に予防できるのかは、わかりませんが、

眼科の先生はそう言ってましたよ。

 

そして、この先生のお子さんも

使用しているそうです。

 

なので、オルソの効果があるうちは続けて、

効果がでにくくなったら、

今度こそ、

昼間の矯正に移行していくわけです。

 

昼間の矯正だと、視力は低下していきます。

だから、少しでも進行を予防できればと

期待しています。

 

うちは日中、1.5をキープできてるので、

オルソが合っていたようです。

 

 治療の大まかなながれ

事前相談:説明を聞く

適応検査:目の状態を検査。使用できるかを調べる。

試験装用:30分ほどテストレンズで付け心地確認。

トライアル:1週間ほどトライアル

矯正開始:自分専用レンズで矯正開始

定期検査:定期的に、目やレンズの状態確認。

 

 

うちは、レンズを付けることは簡単にクリア。

 

しかし、手で外せない!

 

外すのに、かなり時間がかかった。

 

脱着の練習だけしに、眼科へいったこともある。

 

いったんあきらめたが、

結局専用スポイトで外すことに。

 

スポイトなら一発で外せる。

 

 眼科ではいつも、

「手で外せるようになりましょうね。」

と言われる。

 

「はーい」

と返事だけ。

 

7月から使い始めて、

いまだにスポイト使いです。

 

治療費

レンズはレンタルです。

 

1ヶ月に7,000円(両眼)くらい。

ケア用品代、定期検査代、も含まれます。

治療継続に必要な検査、診療は何度でも可能。

 

度数変化やフィッティング変化に伴う

レンズ交換も無償。

 

 習い事くらいなので、

視力低下を止められるなら、とがんばりました。

 

習い事、全部辞めたので。

 

2年目から6,000円

3年目から5,000円

と安くなっていきます。

 

 

 

おすすめしたいけど

うちの子には、

オルソがとっても合っていたようで

視力はずっと1.5です。

 

おすすめしてくれた、ママ友んちも

調子良いみたい。

 

そのお友達は、

うちと逆で装着に時間がかかったようです。

 

おすすめしたいのですが、

安くないことや、

 

矯正に個人差が大きそうなのこと。

 

なにより、

子どもがコンタクトレンズを

装着・脱着

できるかどうか、が大きいですね。

 

大人でも、慣れるまでは抵抗ありますもんね。

 

でも、はじめるなら

大人になる前からが良なので

お早めに!

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 
人気ブログランキング