すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

【作り方】香りのお守りフルーツポマンダー

今、うちの玄関に☟これがぶら下がっています。

なんでしょうか?
f:id:kininarusuzu:20201206221701j:image

シナモンの香りの玄関です☆

 
フルーツポマンダーって知ってますか?

こんなやつ☟

f:id:kininarusuzu:20201206221618j:plain

わたしは知らなかったんです。

 

香りの診断の先生のところで、

作ってきました。

 

ポマンダーとは

ポマンダーという名前は、

pommeりんご)と

ambre(琥珀色の、またはリュウゼンコウ(アンバーグリス)の香り)

からきているそうです。

 

もとはこのアンバーグリスを粉末にして、

ボール状に成型したものとされています。

 

フランス語で「琥珀のりんご」が語源。

f:id:kininarusuzu:20201211121709j:plain

確かに、「琥珀色のりんご」のようですね。

 

※龍涎香(リュウゼンコウ:アンバーグリス)ってなに?

って調べていくと、

「マッコウクジラの腸内で生成される結石で動物性香料の一つ」ですって!

 

知らないことだらけだ。

 

香りのお守り

もともと中世ヨーロッパで

「香りもの」といい、

魔除けや病気予防のお守りとして

身につけていたとされています。

 

f:id:kininarusuzu:20201224105344j:plain

ポマンダーを持つ女性 

f:id:kininarusuzu:20201224105552j:plain

構造

出典:Wikipedia

 


中世ヨーロッパの貴族たちは、

「練り香」を入れた

金銀で作られたポマンダーを身につけて、

ペストなんかの流行病や嫌な臭いから

身を守っていた。

 

これを、フルーツで作ったので、フルーツポマンダー

といいます。

 

昔のヨーロッパって不衛生で不潔で、

悪臭をいい香りでごまかしてたってよく聞く。

 

練り香とは・・・・

 

って永遠に調べものが終わらないわ。

練ったお香なんでしょうね。

 

世の中には知らないことがいっぱい。

 

 

フルーツポマンダーの作り方

今回は、オレンジでつくりました。

f:id:kininarusuzu:20201206221646j:plain

ゆず、ひめりんご、すだち、レモンでもOK。

 

用意するもの

・オレンジ(などのフルーツ)

・乾燥クローブ

・シナモンパウダー

・竹串

・マスキングテープ

・乾燥用ネット など

 

今回は、完成形がリボンをかけるので、

 

最初に、

オレンジに十字にマステを貼る

 

マステ以外の部分に、竹串で穴をあける

 

その穴に、

殺菌、抗菌効果の高いスパイス、

クローブ(丁子)を刺していく

 

最後にシナモンパウダーをしっかりまぶす

 

ネットに入れて風通しのよいところにぶらさげて自然乾燥

 

 

竹串でぶすぶす穴を空けて、

クローブを刺していく作業が瞑想。

 

オレンジとクローブの香りに包まれながら、

 

もくもくと、さしていく。

 

なーんて、

おしゃべりしながらね。

 

まったり時間でした♪

 

オレンジのミイラ

f:id:kininarusuzu:20201206100200j:plain

クローブ(丁子)、スパイスですね。

 

花の蕾。

釘に似ているからクローブ。

和名は「丁」の字に似ているからみたい。

 

このクローブを刺すことで、抗菌作用から

長持ちさせることができる。

 

その間にフルーツが乾燥してドライフルーツ状態に。

 

腐らずにミイラ状態になるそうだ。

 

オレンジのミイラ。

 

このクローブを刺していく方法は、

古代エジプトのミイラ作りと同じだとか。

 

  
クローブをびっしりではなく、

すき間をあけて刺していく。

ミイラ化するので若干縮むからですね。

 

最後にシナモンパウダーをまんべんなくまぶして、

さらに腐食防止。

シナモン!スパイスの王様。

 

シナモンもミイラの防腐剤でしたね。

 

この状態で自然乾燥。

1ヶ月程、風通しの良い日陰に干す。

 

今回はクリスマスを目標にしています。

 

カビてこないように様子をみながら。

すこしカビても、シナモンを追加でまぶしていけば

大丈夫みたい。

 

完成したらリボンなんかで装飾します。

 

 

秋ごろから作るのがおすすめですね。

 

なぜなら、自然乾燥には高温多湿は避けたいから。

 

そして、クリスマスに合わせて、

 

オーナメントやプレゼントになるから。

 

上手にできれば、数年はもつそうです!

 

 

香りの診断&ハーブティーつきワークでした♪

f:id:kininarusuzu:20201211215411j:plain