すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

あなたの故郷ではなんて呼ぶ?【左義長 火祭り どんど焼き】

f:id:kininarusuzu:20210115121111j:plain

今日は左義長でした。

無病息災を祈り、歳神様をお迎えした注連飾りや門松なんかを持ち寄り燃やす。

 

左義長とは、小正月に行われる火祭りの行事。

地方によって呼び方が異なる。日本全国で広くみられる習俗である。

Wikipedia

 

ほう!火祭りか。

 

今朝のお散歩でウォーキング折り返し神社にて、準備中のところ少しだけお話ししました。

f:id:kininarusuzu:20210115121303j:plain

これからやぐらを組んで、笹を組んで10時から神事が行われ、焚き上げるそうだ。

 

でも今日は3か月に一度の旦那の精密検査デー。

しかも10時から…

(結果は、特に異状なし。良くも悪くも変化なし…)

 

「いつでもいいからもってこれば、焼いてあげるよ」

と言っていただいたので、

やっぱり昼になってしまったが、外来診察後、急いで持ち込んだ。

f:id:kininarusuzu:20210115121413j:plain

すべてが終わっていた(´Д`)

でも残り火で無事焚き上げていただけました。f:id:kininarusuzu:20210114062034p:plain

 

わたしが小さいときは、「どんどん焼き」と呼んでました。

 

ここでは「左義長」以外、聞いてないな。

「どんと焼き」「さいと焼き」「おんべ焼き」など、ほかにもあるのかな?

 

1/14の夜に行うところもあれば、ここのように1/15の朝に行うところも。

規模もそうとう違いますね。

 

だるまを焼くか焼かないか、とか。

 

「徒然草」にも出てくるようで、かなり昔からの風習ですね。

 

 

残り火で燃やしていただいている間、ゆっくり温まりました。

 

火をゆっくり見ることは、すごい癒しですね。

 

今日は、つれづれなるままに…