すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

【不安症】シーソーは傾きっぱなしが一番安定している

安定のシーソー。びくともしません。

 f:id:kininarusuzu:20210117214824j:plain

シーソーがゆらゆらと釣り合った状態、これは安定ですか?

 

それはバランスが取れている状態であって、

 

安定ではなくて努力して調整を行ってる状態ですよね。

 

  

傾きっぱなしが一番安定してます。

 

停止。

 

もうそれはシーソーである必要すらない状態。

 

 

シーソーを楽しむには、上がったり下がったりすることが必要です。

 

バランスや勢いも。

 

休憩も必要か。

 

 

仕事のことを考えると、

安定と挑戦のはざまで揺れます。

 

若い時なら「苦労は買ってでもしろ」です。

 

平坦な道より困難な道を選んだほうが魅力的な人生になるでしょう。

 

50を目前に、生活費も教育費もローンも抱えてしまうと

ばくぜんと不安しかないですね。

 

それでも安定な道でなく、やりがいとか楽しいとかを大切にしたいんです。

 

不安とワクワクが同居していて大変心が揺れる毎日です。

 

不安症

日本人は、世界一不安症になりやすい遺伝子型を持っているそうです。

 

もう遺伝子レベルなので、慣れたもんです。

 

 

幸福ホルモンで有名な「セロトニン」

その調節をする「セロトニントランスポーター遺伝子」には、

セロトニンを多く作るL型(ロング)に対して、

S型(ショート)は少なく作る遺伝子があります。

 

この遺伝子型を持つ割合は、国や民族によって異なります。

 

ご想像通り、日本人はこのS型保有者が多いのです。

 

L型の、楽観的な生活で、ストレスな状況でも安定しているのに対し、

S型は、慎重で不安を感じやすい。

 

傾向として、L型 アフリカ>欧米>アジア S型

 

アメリカ人が楽観遺伝子LL型を32%の割合で持っているのに対し、

 

日本人はわずか1.73%

 

世界で最も少ないレベルです。

 

逆に、不安遺伝子SS型を、

 

日本人は欧米人に比べ5割も多く保有しているのです。

 

だから、事前準備をしたり、細部まで細かく気をつかったりできるのかも。

 

 

だから上手に不安と付き合うことができるのが日本人。

 

抵抗しても無駄。

  

 

先のことは考えないほうがいい。

 

だってその通りにはならないから。

 

どうしても不安なとき、

 

朝、太陽の光を浴びて、

 

こめかみあたりをよく揉んで、強制的にセロトニンをだしていく。

 

これおすすめ。

 

脳科学者・中野信子さんの「空気を読む脳」