すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

猫にはどこからがごはんか?

お気に入りの場所はランドセルの中。

 f:id:kininarusuzu:20210126210937j:plain

 

うちの猫は「ごはん」という言葉を理解している。

大好きな日本語のはず。

 

どこの猫も同じかな?

「ごはんだよー」で飛んでくる!

もう「ニャー!!!」だ。

 

昔飼ってた犬は「さんぽ」という言葉を理解していた。

 

「さん、」で、もうダッシュだ!

「さ、」で、視界に入ってくる勢いだった。

 

彼にとって「さ」から散歩を意味していた。

 

なんちゃってラブラドルレトリバーだった犬は、

決して吠えたりしません。

 

でも全身で「散歩♪散歩♪」と喜びを表現してくれた。

具体的には、その場でぐるぐる回って飛び上がるなどだ。

 

 

うちの猫は「ごはん」で「ニャー!(ご飯!)」だ。

「ごは、」でも「ニャー!(ご飯!)」だ。

「ご、」ではスリスリ(ご飯?)だ。

 

「ご」はもう「ご飯」として処理する気だ。

 

具体的には、

「ごはん」に似た合図で、

ニャーニャー泣きながら、

定位置の皿が置かれる場所におすわりして待つなどだ。

 

 

ところで、娘の小学校は毎朝登校時、

班ごとに集合する。

 

娘は、5班だ。

 

私「今年、何班になった?」

娘「5班!」

猫「ニャー!」

私娘「!?」

 

眠っていた猫は飛び起きたのだ。

 

 

ところで、任天堂switchで、とうとうあの

「モンスターハンター」が遊べるようになる!

3月発売だが、体験版が無料で体験できるのだ。

 

娘「モンハンの体験版やっていい?」

猫「ニャー!」

私娘「!?!?!」

 

猫がごはんですか!と飛んできたのだ。

 

モンハンの「ハン」に反応したようだ。

 

うける( ̄▽ ̄;)

 

 

それでも「はん」だけでは、「?」という顔をしてくる。

「はん」だけ、は違うらしい。

 

ということで、

他にも何か「ごはん」的ななにかを日々探しております。

 

階段おどり場の窓ぎわのネッコちゃん。

f:id:kininarusuzu:20210126212009j:plain

ここから飛んでくるです。