すーさんは大黒柱かーさん

子育てと介護と元ブラック勤務が同時の主婦の生きるヒント

マスクで困る人がいる

 

👇「こんにちは」

 

f:id:kininarusuzu:20210201124253j:plain

人差し指同士を「ぺこり」させる手話が「あいさつ」の型。

上の絵だと、真ん中→右。

 

👆「こんにちは」は、

「昼」を表す手話、おでこに利き手で2本指してからの「ぺこり」です。

おでこに2本指は、時計の針が正午を指していることを意味します。

 

👇「こんばんは」だと、

「夜」を表す手話、両手でカーテンを閉める仕草からのぺこりで「こんばんは」。

f:id:kininarusuzu:20210201124907j:plain

👇「おはよう」もやりましょう。

やはり「朝」を表す手話、寝てる状態から起きる仕草をしてからのぺこりで「おはよう」です。

f:id:kininarusuzu:20210201125245j:plain

「ぺこり」を省略しても伝わります。

とゆーことで、

どうして手話からはじまったのかというのが、マスク関連。

 

マスクがあたりまえの生活になりましたが、さほど困ることもないと思っていました。

 

最近ではファッション性もあがり、使いやすさも日々進化しています。

 

声がこもるので、聞き取りにくいことも多少ありますが、そこまで困らない。

 

表情もなんとなくわかるし。

 

でも、

口の動きを頼りにしてる方々がいるということを知りました。

 

耳が聞こえにくい、いわゆる難聴者の方です。

 

完全に聞こえない方も、手話だけより口元が見えていたほうがわかりやすいでしょう。

 

難聴とういうことも、精神とは大きく違いはするが、

見た目にはわかりずらい障害の一つとなります。

 

うっかりしてたな

とういうことがありました。

 

補聴器してても、聴者ほどはっきりはやはり聞き取れないそうです。

 

口元を見ながら理解してくださっていたのです。

 

どうしたらいいんですかね?

 

フェイスシールドって、ちょっと普通の生活ではできないし。

 

ニュースを読むアナウンサーや、

公に話すことをする公の方々は、やはり口元が見える状態でお話するべきなんですね。

 

手話も英語のように、

簡単な日常生活程度は勉強しといたほうがいいのかな、

と思う今日この頃でした。

 

 

こちら側は目元だけでも表情豊かにしとくか!

 

f:id:kininarusuzu:20210130174520j:plain

①と②が逆な気がしますが…伝わると思います。

 

しかし、手話って世界共通ではないんですよね。

日本語と英語は違うし、

同じ英語圏なのにアメリカ手話にイギリス手話とか。

国際手話ってどの程度広まっているのかな?

 

まだまだ知らないことばかり。

勉強したことが次々に沸いてきてしまいます。

 

「ありがとう」👇

 

f:id:kininarusuzu:20210201130226j:plain

「ありがとうございます」

ゆっくり丁寧に表現することで、「敬語」扱いになるそうです。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。